受講者の実績・声

下の画像をクリックしていただくと、それぞれのお客様の声に移動します。

FMAに参加された農家さんへのインタビュー動画公開中!

FMAに参加されており、販売期間2か月で月商200万円を実現された農家さんに、講師の高口がインタビューにうかがってきました。

▲FMAに参加された農家さんのインタビュー動画をご覧ください。

Farmer’s Mail-order Academyの無料体験講座では、現在こちらのインタビュー映像のフルバージョンを差し上げています!

✅ネット販売の成果
✅どのような準備をしてきたのか
✅何をどのように行って、月商200万円を実現したのか?

など「農家さんが直販で成果を上げる10のポイント」をまじえながら1時間15分にわたってお話ししたロングインタビュー! 参考にしていただける視点が満載ですので、ぜひご覧ください。

 

まったく直販をしたことのなかった農家さんが、販売期間たった2ヶ月で月商200万を突破。

(インタビュー動画から一部抜粋しています)

高口
今年の成果についておうかがいしていきます。しあわせスイカ農園さんは、5月の末から6月末までネットで販売をされて、月商200万をこえましたね。(約207万円)

飯貝
前年度比だと596%。まあありえないですよね(笑)すさまじい。
予約を受け付けていたんですが、予約がたくさんたまっちゃって、これ送り切れるか、ってありました。「謝罪の電話を何件することになるんだろう」って(笑)

高口
結局はぜんぶ送ることができたんですよね?

飯貝
できました!結果オーライ。

赤の他人というか、こっちをまったく知らない方に1件でも売れるってすごいことじゃないですか。それが一気に300件も売れるっていうのは……。(通販の)会員さんが200名をこえてるんですが、たった1ヶ月の販売期間で、そんなにたくさん登録してくれたのは嬉しいですよね。

お客様からの声が届いて安心。「満足してもらえたんだ」と自信に。

高口
毎日たくさんの注文を受けることになりましたが、送るときに緊張感はありましたか?

飯貝
もちろんありました!「届いたかな~。しっかり届いたかな~」「ちゃんと満足してくれたかな」って。

高口
私はその緊張感をもつことは、すごく大事なことなんじゃないかと思います。でも、お客様から感想の声がたくさん届いていたんじゃないですか。

飯貝
届いてたね! それがなによりだよね〜。「ああ、美味しくて満足してもらえたんだ」って。やっぱりダイレクトだから。うちの両親もその声を聞くと「良かったね〜〜!」ってとても喜んでくれました。

ふつうに生活していると、そういう声を聞くことはほとんどなくて、市場に出したら、市場で終わるので。

新鮮な商品を届けていきたいという思いが、ネット販売で実現した。

高口
飯貝さん(しあわせスイカ農園さん)は、どうしてネット販売を始められたんですか。

飯貝
ついつい職業柄、スーパーとかで、品質をチェックしちゃうんですよね。(スイカは指で叩くと品質が分かる)そしたら、新鮮じゃないものもけっこうあって。新鮮なスイカを、直接届けていきたいなって思って始めました。

高口
けっこう商品に高値をつけているわけじゃないですか。そこの不安はなかったですか?

飯貝
ありましたよ!「すごい高いね」って家族にも言われました(笑)でも今年は「これじゃ安いな!」って言ってくれましたね。

高口
実際、今の価格で満足してくれて、買ってくれている方がたくさんいるわけですからね。

飯貝
そうですね。

「ここまで売れる仕組みを作れる(教えられる)業者さんっていうのは、なかなかいないんじゃないか」

高口
高口のサービスについてはどう思われますか?

飯貝
ものすごく助かってます! たった2ヶ月やっただけで月に200万円も売れるようになったっていうのは、全部高口さんのおかげです。
正直、ホームページを作れる業者さんっていうのは、たぶんごまんといらっしゃると思います。でも、それだけじゃなくて、実際にここまで売れる仕組みを作れる(教えられる)業者さんっていうのは、なかなかいないんじゃないかと思います。

高口
ありがとうございます。講座の内容についてはいかがですか。

飯貝
ふだん自分が学びたくても学べないようなことを学ぶことができます。「生涯顧客価値」とか、自分がふつうに生活していたら聞かないようなことだったり、コピーライティングの大切さだったりとか。

きれいな写真を撮れば売れるようになるわけじゃないとか、やっぱり美味しさを文章でも伝えていかなければならないと。そういうことが学べるという意味で、すごく勉強になっています。

↑講師の高口と一緒に。

FMAを通じてたくさんの学びを得た事で、自分の意識が変わりました


高口さんこんばんわ。藤井と申します。
FMAを受講した感想とお礼をお伝えしたく今回連絡を致しました。

私は茨城県鉾田市で小松菜を専門に作り、市場と契約先へ出荷をしている農家です。現在は海外からの実習生を雇用して、父経営の元日々農作業をしております。

私の家は曽祖父の代から代々農家をやってきていたのですが、若い時の私は農業にあまり魅力を感じず、東京でデザインの勉強をした後、大手家電販売メーカーで広告・接客業の職に就いていました。

年間を通して安定しない市場価格に危機感

色々な経緯があり今に至るのですが、農業を始めて約十年、年々下落している野菜や年間を通して安定しない市場価格に危機感を感じていました。

そんな中、農業関係の事をネットで調べている時に、偶然高口さんの事を知りました。

電子書籍やFMAに参加する前にいただいていたメールを読み、こんなに農家の為を思って情熱的に行動してくれている方がいるんだと嬉しくなりました。

そしてその内容にとても感銘を受けました。

私の悩みや不安に対する答えや、自分が思い描いていた理想の農家像がそこにあったからです。

私が学生時代勉強してきたデザインや前の仕事で培った接客の経験は、どれも農業には上手く活かせないと思っていたのですが、自分で直接お客様と繋がれる販売販路なら全部活かせるのではと気付き、運命めいたものを感じると共にとても嬉しくなりました。

FMAの内容の濃さとその内容量にとても驚きました

↑FMA会員サイト

↑動画

↑ワークシートやマニュアル

実際に受講し始めて、FMAの内容の濃さとその内容量にとても驚きました。

売れる人の心構えから、他社を利用した販売、コンセプトメイキング、写真、ライティング、販売に関する実践講座まで、そのどれもが誰にでも分かりやすく、且つ丁寧な解説動画とマニュアル付き、更にワークシートで学びを深められ、ネット販売用のテンプレートまで付いてくる、これだけのものを作るのにどれだけの時間と労力を費やしたか、受講した方なら高口さんのとてつもない恩恵に直ぐ気付くと思います。

しかも全ての内容が実例を元に、実際に高口さんが実践して結果を残しているというエビデンス付きなんですよね。こんなに説得力のある事はありません。

また管理会計に携わった高口さんの奥様や、度々FMA内で高口さんと繋がってネット販売で成功された方のご協力を見る度に、感謝の気持ちでいっぱいになります。

受講している内容はとてもレベルの高いものなのに、高口さんのFMAを受講すると理解が早く直ぐ身につくんですよね。

自分でこれらの内容を吟味して、更に農家のネット直販向けに理解を深めようと思ったら、その膨大な知識量と難解な内容、学びにかかる時間に頓挫する人ばかりだと思います。それだけでFMAを受講する価値があると私は思っています。

PCで動画を視聴しながら印刷したマニュアルを広げ、ワークシートや自分で用意したノートに書き込む、と言うのが私の勉強スタイルなのですが、学んでいる中で不安に思う事があっても、まるで受講している私達の心が読めるかのように、直ぐに解決策や違った形での提案をしてくれるのが本当にありがたいです。

高口さんの動画は見ているだけで勇気やモチベーションをくれるんですよね。

高口さんの優しく温かい人柄だと思いますが、高口さんの声はとても心が落ち着きますし、不安を払拭する安心感をもらえます。ざっくばらんに話をしていただける事もとても嬉しく、毎日楽しみながら受講しています。

これだけの内容をあの金額で公開してしまって高口さん大丈夫なのかな…

正直これだけの内容を提供してもらえると思っていませんでしたので、今はただただ高口さんにお礼を言う事しか出来ません。

当初受講にあたり受講料けっこうするんだなぁという印象があったのですが、今はこれだけの内容をあの金額で公開してしまって高口さん大丈夫なのかな…とさえ思っています。(笑)これだけの内容であれば、定期的に受講料を取るとか、もっと金額を上げるとか、色々と手段はあったはずですし、FMAにはその価値があります。

高口さんが汗水流して苦労と経験を重ねて獲得されてきたメソッドを公開するのは、かなりのリスクがあると思います。

でも高口さんはリスクを顧みず、私達農家の為に広く知識を共有して、成功者を一人でも多く出したいという気持ちで動かれている。その情熱と信念に感服してます。

その想いを受けて、私はFMAで学んだ事を無駄にしてはいけないと強く感じています。受講した後は妻とFMAの内容についてよく話すのですが、その中で、「こんな神様みたいな人いるんだなぁ」って話しています。(笑)

FMAで学んだことを無駄にしてはいけない

私の今の農業形態は、小松菜を専門に作りそれを市場や契約出しに最適化した農業です。現在私が考えているのはネット販売用に新たに農産物を学び作りながら販売をしていく事です。私が住む茨城県鉾田市は菜果王国と呼ばれるほど野菜生産が盛んな地域です。

自分の地域はパワーワードが沢山あるので、適した農産物を作ればネット販売にかなり強いのではないかと感じています。

今考えて実際に種を蒔き始めたのはメロンです。とても育成が難しい野菜ですが、何とかものにして、まずは今年出来た物をメルカリで販売しようと思っています。

加工品としては干し芋が有名で、メロンと合わせてウォンツ品として、さつまいもの生産からやりたいと考えています。

私の今年の目標は、空いている土地を利用し作った農産物を他社の仕組みを利用して販売、直販を経験し、そこからアンケートなどでターゲットを決め、コンセプトをしっかり作るという事です。

その上でHPを作成し、新規農産物の二回目の収穫期にはHPから販売したいと考えています。

将来像ややりたい事もたくさん出てきています

今までどおり農園の母体となる小松菜を作りながらの作業になるので大変な部分もありますし、まだ私が完全に経営を父から譲り受けていないので、目的の農産物をネットの販売販路に乗せるのは時間がかかるかもしれません。

それに伴い、高口さんに相談する事もあるかもしれません。ですが、環境に言い訳をしてネット販売をしないという選択肢は考えていません。

私はFMAを通じて沢山の学びを得た事で、自分の意識が変わりました。将来像ややりたい事も沢山出てきています。

私の農産物に関わった全ての人が笑顔になるような農家になるべく、高口さんが教えてくださった事を実践していきたいです。

高口さんがFMAをやって良かったと自慢に思ってもらえる農家になれる事も目標に、また高口さんへ成功の報告が出来るように頑張ります。

今後、なにか相談させていただく事があるかもしれませんが、その際はどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

メールもタイピングも苦手だった農家さんが、ネット販売の準備開始から100日で売上をそれまでの2倍に。

(インタビューから抜粋)

高口
那覇マンゴー園さんはマンゴーをネットで販売をされて1年目に前年比で売上が2倍になりました。インターネットで売り始めたら、いきなりドカンと売れましたね。予想していました?

那覇
まさか、っていう感じですよ。
1年目は、10 個も売れるといいかな、くらいで始めたんですから。

高口
それが、ふたを開けたら売り切れるほどだったわけですが、このときはどういうお気持ちでしたか?

那覇
いやー、嬉しかったですよ。
自分のマンゴーが、こんなに売れるんだと思って。

でも、もう半分は不安でしたね……。

ちゃんと立派な農産物を送れるか、最初は不安だった。

高口
不安なお気持ちもあったんですね。

那覇
楽しみにしてくれているお客さんに、ちゃんと立派なマンゴーを送れるかな、ということですね。マンゴーは台風で、収穫が不安定になりやすいです。大きくならないこともありますし。

ちゃんと美味しいかな、ということも気にかかりますよ。

高口
那覇さんの誠実さが分かります。
でも、お客さんからいい反応が返ってきていましたね。

那覇
お客様からの反応は、とても嬉しいですよ。励みになりますね~。マンゴーをふつうに育てていても、反応がないのはやっぱり不安です。

兼業の農家さんが、大好きな農業を専業でやりたいという気持ちで挑戦。

↑真剣な表情で作業される那覇さん

↑完成したホームページ。毎年予約期間中に完売する。

高口
那覇さんは、なぜ、インターネット販売に注目されたんですか?

那覇
やはり以前(JAに出していた)のままではもうけが少なかったのと、これから専業でマンゴーをやっていきたいという思いがあったからですね。それで、インターネットで色々調べました。(那覇さんの本業は建設業)それで、高口さんと出会って。

高口
那覇さんはネットには詳しくなかったんですよね。メールやタイピングにも、苦手意識をおもちだったとか。

那覇
自分にできるか、やっぱり不安だったですよ。周りにもネット販売をしている人がいたので、聞いてみましたが、なかなか売れないよって言うものですから(笑)でも、やらないとしょうがないと思ったからです。やってみて、ダメだったらいいや。とにかく始めてみようと思ったんですよね。

高口
素晴らしい考え方だと思います。売れている方はみなさん行動されますから。

不安はなくなり、ハウスを増やしてみようという気持ちに!

高口
こうして高口のサービスを利用していただいているわけですが、ネット販売をやってみて、どうですか。まだ、不安なお気持ちはありますか。

那覇
そうですね~、やっていけるような気がしていますよ。不安は、お客様に喜んでもらえたり、実際に売れたりして、だいぶなくなってきました。お客様対応にも慣れてきましたし。(注:1年目時点でのインタビューです。その後3年経ち、売上は年あたり当時の4倍に。

高口
来年以降の展望をお聞かせください。

那覇
来年は、ハウスを一棟増やそうと思います。今年は手ごたえも得られたので、もっとたくさんのマンゴーをお客さんに届けられるように、増やしてみようかなと。

高口
ということは、限定生産だったマンゴーが、もっと食べられるかもしれないわけですね。とても楽しみです! ありがとうございました。

↓那覇マンゴー園さんが100日で売上を2倍にされた過程をまとめた書籍をプレゼント!↓

現在、無料体験講座にお申込みをいただいた方に、Amazonで好評販売中のこちらの書籍を、お手持ちのパソコンやスマートフォンですぐに読める形で差し上げています。こちらの書籍には、那覇さんのインタビューの完全版が入っています!